2000年10月アーカイブ

2000年10月16日

10/16/2000

 今月何度か目の修羅場の日。セミナーで発表をして、ヴォイトレの先生のコンサートのパンフを40部完成させ、ハイマートに取材に行って、練習をして、最後に明日の部会の為の印刷物作り。セミナーでの口調は例によってかみまくり。「寡黙は金、雄弁は銀」なんてことわざが耳に痛い。部会通信の作成に翌朝4時までかかってしまうが、充実だけはしていた一日だった。

2000年10月15日

10/15/2000

 朝の6時に起床。ここしばらくで抜群の早起きです。これでも8時45分のの集合時間にギリギリ間に合う程度なんだから、まったく。コンクールのお手伝いの給料は、16時間拘束で4000円。いや違った、名目は給料じゃなくて交通費だったっけ。どっちでもいいや。この額じゃ全然割に合ってへんやん、と毎年毎年思ってたけど、今年はそれにちょっとした革命が見られた。というのも、今年の交通費は2000円札が2枚! 思わず笑ってしまう、一緒やん! ちょっと珍しい2000円札なら、1000円札4枚よりも喜ばれると思ったのかしら。渉外仲間とつっこみ入れて笑ってたが、内心ちょっと喜んでしまった。おかげで、4000円の安さ自体についての疑問がうまく反らされた気がする。これじゃケイツボの思うツボだ。

2000年10月14日

10/14/2000

 朝からマニフィカートの練習。これは難しい!一年間のブランクはそうそう軽んじられたものじゃないです。なんと言うか、今日は初見者置き去りと感じないこともなかったなあ。上回生にしたら、まあ一度はやっている曲だから、言うような難儀な練習ではなかったように思うんだけど。練習の後は1回生を引き連れての交流ボーリング大会。彼らにしたら今日の練習はかなり疲れただろうし、やっぱり休みたいのかな、でもそれなりに楽しんでくれたと思う。

2000年10月13日

10/13/2000

 MATLABに初めて触った。行列の四則演算や固有値、対角化に至るまで一発でやってくれる。これは何ともすごいソフト。操作方法を覚えるだけでもそうとう苦労しそう。ヴォイトレの先生に晩ご飯をごちそうになった。ビールと中華料理。最高!

2000年10月12日

10/12/2000

 ついこのまえ入部したかと思えば、いつのまにか幹事長なんて立場に立候補している自分がいる。事前の質問がないことに多少の疑問を感じていたが、今日に受けた質問にはけっこう図星なこともある。甘いところをさされたと言う感じ。そうでなければはめられた? 何はともあれ、無事には終わってくれたので一安心。先々代の幹事長に「感動したぞ」といわれ感動した。

2000年10月11日

10/11/2000

 大阪で懇親会の話し合いがあるので阪急に乗った。最近またちょっと金の浪費が激しいかな。明日の立会演説会に向けて話す原稿を書こうと思って、京都に戻ったあとパソコンに向かったのだが、結局の完成は朝の5時になってしまった。でもこのくらいのことは多少無理してでもやっておきたい。こんなに夜更かししてるのもここしばらくだ。

2000年10月10日

10/10/2000

 さっそく体中が悲鳴をあげている。全身が筋肉痛になってしまった。両肩と脇腹と足の付け根が痛い。ああ情けない。

2000年10月 9日

10/09/2000

 ソフトボールをするのは1年振り。ということはつまり去年の大会以来、ということです。年に1回、このときに自分の運動音痴さを痛感するのだが、今年はちょっとだけ進歩したのかも。バットの振り方ボールの投げ方受け方を教えてもらった。周りと比べたらやっぱりへぼへぼだけど、ヒット一発打てただけでも超進化だ。これで三振だったら、例によって今ごろへこんでるんだろなあ。気分の変わりやすいのも相変わらず。そんなわけで今は上機嫌。

2000年10月 8日

10/08/2000

 昨日といい今日といい、休日に長寝の出来ない日々が続きそうだ。明日の吉村杯のために今晩も夜更かしは出来ないだろう。例の冊子にこうあった。「よくホームページで日記を公開している人がいるが、その90%はダメな代物である。『私はそういう人なんです』ことを回りくどく分からせようとしたり、『ちょっとした批判』で自分の足場を確認しようとするものばかりだからだ。」 この冊子はかなり面白い。個人の主観ばかりで、真実とは思わないけど、けっして誤りとも思わない。

2000年10月 7日

10/07/2000

 今日はそうとう哲学的な一日。多分この内容も意味不明。 「何のために生きるのですか?」 数奇なきっかけでこういう質問に出会うことになった。まずそういうグループの存在に驚いた。そんなこと考え込んだ経験があるはずもなく、かといって今から急に考えたいとも思わない。ふと思い出して、以前にどこかでもらった冊子を広げてみた。同じテーマに関して書いている、「みんなが生きる意味を見つけきれずに生きているからか?目標を持たずに日々を暮らしているからか?そうじゃない。理由はひとつだ。それは、その質問がくだらないからである。」 一生かけて悩もう、考えないでいよう。どっち?

2000年10月 6日

10/06/2000

 セミナーといい実験といい、3回生の後期になって、ようやくうちの学科も「いかにも大学生」な授業が並んできたと思う。今日は実験のテーマ選択。例によって希望者多数になると抽選になる。運のいいことに抽選を勝ち取り、なんとか希望のテーマを受講することが出来た。僕の知ってるひとで落とされたひとはおおかった。ドイツ語Ⅱ、セミナー、今年は何故か抽選運がいいみたい。

2000年10月 5日

10/05/2000

 再来週のセミナーの発表のために、洋雑誌のバックナンバーを手に入れることにした。月曜日に引き続き、情報学図書館の事務のひとにいろいろ教えてもらった。ひょっとしたら顔を覚えられたかもしれない。そして今回も目的の書物は物理系図書館にあった。書庫の本棚は本当にスゴイ。スイッチ押したら本棚が一斉に移動するんやもん。文献探しの過程って宝探しに通じるものがある。明日から頑張ってこの英語の論文を訳さないと。英語も久し振り。

2000年10月 4日

10/04/2000

  結局昨日のハメ外しの影響で、2コマ目の講義の時間を下宿で過ごすことに。早い話二日酔いブッチ。4コマ目の人工知能1、話しの中でムーアの法則にちょっと触れた。3年でコンピュータは2倍に進歩する、とかいうやつだ。今から20年位も前から第一線にいた現在の教授たちは、現代の環境なんて到底予測つかなかったという。僕が高校生のとき、「そのうちパソコンでお風呂が沸かせるんじゃないの」なんて冗談めかして考えてたけれど、そうなるのも案外そう遠くない気がしてくる。最近はインターネット付き冷蔵庫なんてのも出てきてるんだしね。

2000年10月 3日

10/03/2000

 あけぼのにて本日は宴会。今年の前期はあまりここに来る機会がなかったので、後期は積極的に利用したい。さらに深夜1時から3人でカラオケに行くことになり、三条まで侵出。翌朝リバースすることになるとは、この時まったく予期していなかった。飲んだのもカラオケしたのもリバースしたのも久々。

2000年10月 2日

10/02/2000

 大変なことに気付いてしまう。「日記」の英訳は「daily」じゃなくて「diary」だったんだ。なんということ! これじゃあ日刊紙だ。しかしここでページの名前を変更するのもなんかくやしいのでこのまま続行することに決定。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2000年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2000年9月です。

次のアーカイブは2000年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。