2001年3月アーカイブ

2001年3月31日

03/31/2001

 18切符の件は、新大阪から合流した団員が人数分を買ってくれていた。大阪の窓口はまだ閉まっていなかったらしい。ほっと安心。12時に福岡に着き、二日市温泉と柳川をまわった。途中、観光中や電車内、プラットホームでビールを飲みまくる。真昼間から、ほろ酔いで上機嫌な酔っ払いたちで九州を徘徊した。すんません。

2001年3月30日

03/30/2001

 福岡旅行へ出発する。夜の11時に京都駅に集合だったが、中の一人が、遅刻した上に、18切符を買ってないことがわかった。11時に窓口は閉まっていたので、普通の料金を払わないといけない。初っ端からどうしようもない気分。

2001年3月28日

03/28/2001

 髪を切りに行く。シャンプーしてもらってるときに、店員さんが話し掛けてきたのだが、「春休みいつまでなんですか?」というのを、「はげやすい、いつまでなんですか?」と一瞬、聞き間違えた。凍りついたが、すぐさま聞き間違いと分かり安心した。

2001年3月27日

03/27/2001

 オフがあけた。10時からというのはやっぱり体が起きてない。そのあとは新勧についての臨時会。去年のオフの間は、健康診断や大学合同の準備やらで、オフの気がしなかったっけ、そんなことを思い出した。これからあとの一週間の準備が命運を左右しそう。

2001年3月25日

03/25/2001

 昨日いただいたオペラの謝礼で持ち金ができる。友人や就職活動している先輩の話でよく話題になっている、中谷彰宏の本を読んでみることにした。目からウロコな内容がいろいろと書いてある。自分への見方だけでなく、他人への見方もかわると思う。

2001年3月24日

03/24/2001

 住吉にてオペラ出演してきた。なんか中世の民衆っぽい格好をして合唱、騒いでいる大衆らしい。テナーは3人、ちゃんと役に立てるだけの働きができたかどうか不安だけれど、かなり面白い経験をさせてもらった。オペラのゲネを目の当たりにするのも初めて。ほんとう楽しそうにやってはりました。

2001年3月21日

03/21/2001

 最近どうも活字が読めない。目の前を字が流れるのは分かるけれども頭に入ってこない感じ。半年ほど読みつづけている雑誌があるが、その記事も左から右へって感じだ。友人いわく「活字離れとちゃうか」だが、これではヤバイと思い、本屋を探って「驚異の速読法」なんて本を入手、ものは試しに実践してみることにした。するとこれがけっこうアタリかも。呼吸法ひとつでマジ読みこなし度が違うんですよ。せせら笑ってるそこのあなた、試して御覧なさいって。

2001年3月20日

03/20/2001

 スノボの何が恐ろしいかって、逆エッジがかかったときのこけっぷりだ。左ターン中なら胸を、右ターン中なら腰と後頭部を思いっきり斜面にぶつける。そんなわけで、朝起きたら全身が筋肉痛、首までもがエジキとなっていた。さらに腰を回せばぎっくり腰になる。もう笑うしかない。

2001年3月19日

03/19/2001

 スノボである。前日にネットで調べた「すべり方」の紙束を持っていく。予習の気合っぷりにちょっと引かれる。よく言われることだけど、やっぱりスキーと比べて断然に難しい!けっきょく右ターンをマスターする前に時間切れ。また来年も行きたいな。

2001年3月18日

03/18/2001

 塾の生徒が高校に合格していた。ほっと一安心。

2001年3月17日

03/17/2001

 朝の9時からソフトボールの練習をすることになった。しかも前日の夜12時頃に決まった。ソフトはニガテだし、かなり不安だったけど、投げ方を一から教えてもらい、砲丸投げを脱却することができた。しんどかったので夕方まで図書館で居眠り。頭がボーっとしてしまい晩までボケる。最近読書の集中力が全然ない。どうしよう。

2001年3月16日

03/16/2001

  急遽出ることに決まったオペラの音とり練習。旋律はカンタンだけど、はじめの入る音が難しい。しかもsfだから一発勝負だ。なんてきつい。夕方から演奏会のお手伝い。きっとこれでヘルパーするのは最後だろうな。しかし当日券の枚数カウントでつじつま合わせをしてしまった。修行が足りない。レセまでお邪魔する。でも、あれ、謝礼ってないの?

2001年3月15日

03/15/2001

 外務の先輩達のはなむけパーティーである。「人を引きつける男になるために」とかいう本と「煩悩のススメ」という本をプレゼントする。2次会でいったお店で、ヘンなカクテルを飲んだ。作り方を聞いたところ、ウォッカとラムをベースに甘味をつけた、とのこと。なんかもう、口中に刺激が広がって、とにかく強くて訳分からない。この1杯が効いたのか、ちょっと気分が悪くなる。

2001年3月14日

03/14/2001

 佛混のひとたちと交流会。うちからも新顔のメンバーがくることになっていたがドタキャンされる。行けなくなったのなら連絡くれよ。四条の地球屋という店に行く。ある程度食べた気がするが、そうとう安かった。店員の態度がでかかった。そういえば今日はホワイトデーだったっけ。昨年の外務時代とは大いに違う。

2001年3月12日

03/12/2001

 前期の合格手続きである。例によって勧誘に励む。新2回生とペアを組んだが、自分ばっかり喋ろうと躍起だったかも。ちゃんと新2回生のフォローをしないと、と感じた。

2001年3月10日

03/10/2001

 一晩かけてホームページを更新する。がんばって鑑定ページとJavaページもつけてみた。Javaページ、うまく動いてくれてるみたいで嬉しい。

2001年3月 9日

03/09/2001

 弟は無事京大に受かっていた。胴上げされたらしい。いままでずっとエラーの出ていたJavaのプログラムが、ついに解決の糸口が見つかり、以前にCで組んだもののアプレットでの再現に成功した。今日はいいことが多いです。

2001年3月 8日

03/08/2001

 父の仕事の手伝いで、入力の一日バイトを引き受けることになる。パートのおばちゃんで1時間に20枚入力したものを、8時間半で240枚入力してガッツポーズ。ゲームのようにやるとここまで燃えられる。自分がサル型の人間であることを再認識する。

2001年3月 7日

03/07/2001

 八日市高校の前でビラ配り。この日のために京都からやってきた。しかし給与は1500円。しけてやがる。その後は一日中図書館で読書する。イアン・スチュアートの本に病み付きになる。様々な花の花弁の数を調べていくと、ほとんどの花で、その数が3、5、8、13、21、34、・・・のいずれになるらしい。フィボナッチ数列である。これはビックリ仰天。あと、人間の思考について最も感銘を受けた文、「人間の思考には、全ては普遍の定理が支配するというものと、全ては流転であり変化であるというものがある。近年の文化の背景は後者が盛んである。われわれは、両者のいずれが正しいか、というような考えを持っていてはならない。」

2001年3月 6日

03/06/2001

 回生コールは、毎年のことながらキンチョウして、いつもと違ううわっついた感じになる。とあるOBをして、「回生が上がるにつれて大人しくなる」と評価された。この日の打ち上げもつい飲みすぎてしまい、戻った先の滋賀で頭痛にうなされる。家族に呆れられる。

2001年3月 5日

03/05/2001

 3月の定例幹事会である。型作りから始まったこの幹事会も、ようやくスタイルに慣れてきた感じ。差し迫っての議題は新歓とジョイントだが、なによりも技系委員会がうまくやっていけることを重視したい。1対他のスタイルから、全員が主体的に動けるようなものへ。新歓期までに、技術委員会に関してある程度のかたちができていないと、去年と同じことになると思う。

2001年3月 4日

03/04/2001

 3月最初の日曜日は、洗面所の水つまりを取り除くことから始まった。サイアク。ちなみにリバースコンクール回数部門のグランプリは2000年11月12日。

2001年3月 3日

03/03/2001

 朝から回生コールの練習。自分の中で消極的と思っているような声を出すと周りと合うことがわかった。なんかスッキリはしないがこれで良いみたい。昼からDynaGoNのコンサート。なんか見たことのあるお客さんが大勢いらっしゃる。やっぱり文句なしにうまいし、ええ声。MCの流暢さにもうっとりする。どこまでアドリブ?晩はトップの追い出しコンパ。しこたま飲んでしまい、2次会途中でリタイヤ。下宿に戻り、なんとか醒まそうとシャワーを浴びていたところ、ついにリバース。リバースコンクール体積部門グランプリの日となった。洗面台が吐しゃ物で詰まった。ほったらかしにして寝る。

2001年3月 1日

03/01/2001

 バリトンの追い出しコンパである。先代の方たちとお会いする。2次会でお酒をたらふくご馳走になる。カミカゼおいしい。でもこれはアメリカで生まれたカクテルらしいぞ。キーンって感じが特攻隊っぽい。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2001年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年2月です。

次のアーカイブは2001年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。